ワーホリ・留学

【ワーホリ準備】行く前に知りたかったこと。エージェント使わずにワーホリしたい人必見

想定読者

これからオーストラリアまたはカナダのワーホリに行くので情報を集めたい人

筆者の経験

カナダ(バンクーバー)・オーストラリア(シドニー)のワーホリを経験。どちらもローカル企業で勤務。最初はジャパレス。

イギリスは3ヶ月旅行で滞在。アイルランド2週間旅行。

 

この記事を見たあなたはこれからワーキングホリデーに行きたいと思っていて情報収集を集めているのだと思います。

 

ワーキングホリデーはエージェントに全て任せてしまえば簡単です。しかし、その場合費用が高くつきます。(エージェントに頼む範囲にもよる)お金を払って調べる手間を省きたいという方はエージェントを使うのがいいでしょう。

 

しかし、

  • 費用をできる限り抑えたい
  • 自分で情報を調べて渡航したい
  • ワーキングホリデー生活で効率良く英語を伸ばしたい

このような方は必見です。

 

ぼくの経験した全てを以下に綴っています。わからないことについてコメントして下さればできる限り返信するようします。

 

この記事を読んでワーホリに必要な情報を簡単に手に入れちゃいましょう♪

 

エージェントを使う使わないはあなた次第。だけどぼくは使わない派

エージェント使った方がいい人は以下の人達です。

  1. 時間がなさすぎて調べる時間がない
  2. どうしても一人で全部手続きするのは安心できない
  3. 調べるのがめんどくさいから全部任せてしまいたい

逆に使うべきでない人は以下の人達です。

  1. お金を節約したい
  2. 自分で調べて思い描いているようなワーホリ生活をしたい
  3. 色んな経験者の情報を収集して、どうするか決めたい

ぼくはエージェントを全く使いませんでした。だからといってエージェント自体を否定しているわけではありません。多くのエージェントはあなたのことを考えて親身にアドバイスをしてくれます。

 

ただし、費用を抑えたいと考えているのであればエージェントは使うべきではありません。海外に渡航するプロセスはインターネットに全て書かれています。

 

それでも安心を買いたかったり、調べる時間がない、本当に何からどうすればいいかわからないという人はエージェント使うのが良いです。だけど使う前に以下の記事は必ず読んで下さいね。

留学トラブル!?エージェントで失敗しない方法を伝授 ✔こんなお悩みにお答えします。 筆者の経歴 ワーキングホリデーでオーストラリアのシ...
悪徳フィリピン留学エージェントにひっかからないために!【3つの重要ポイント】 【ゆる募】 最近留学エージェントを使って失敗した(余計にお金がかかった)というDMが複数回あります。 失敗の体験談の...

スポンサードサーチ

 

1年前~6ヶ月前にワーホリに行く国を選定しよう

ゴールドコーストのアパートからの眺め

ワーホリに行く国は早めに決めたほうがいいです。なぜならワーホリには枠があって応募を早めにしないと募集終了になってしまう国があるからです。

 

イギリス・・・1月と7月に抽選開始 定員1000名(倍率約10倍)

アイルランド・・・1月と7月に抽選開始 定員400名

参考:アイルランドワーキングホリデープログラム

参考:イギリスワーキングホリデープログラム

オーストラリア・ニュージーランドは通年で募集しています。カナダも6500名という枠がありますが、募集が埋まっても数ヶ月すればまた募集が始まるのでそこまで問題はありません。

 

ワーキングホリデーに行ける国は以下です。英語圏以外に行っても英語は学べます。デンマークに行った友達は英語も話せるようになって帰って来ました。理由は、デンマーク語でコミュニケーション取れないときは英語を使うしかなかったからだそうです。

 

ビザ発給枠(人)
オーストラリア
ニュージーランド
カナダ 6,500
フランス 1,500
ドイツ
イギリス 1,000
アイルランド 400
デンマーク
台湾 10,000
韓国 10,000
ノルウェー
ポルトガル
ポーランド 500
スロバキア 400
オーストリア 200
ハンガリー 200
アルゼンチン 200
チリ 200
アイスランド 30
チェコ 400
リトアニア 100
香港 1,500
スペイン 500

参考:外務省ワーキングホリデー

決め方は何でもいいと思います。ちなみにぼくは海(サーフィン)が好きだからという理由でオーストラリアに決めました。

 

フランスやイギリスに行く人はファッションに興味がある人が多いですね。パテシエはフランスを選ぶ傾向があります。

 

自然が好きでニュージーランドという人もいます。ワーホリに行く基準は人それぞれですので、なんとなくふわっとした感覚や直感で決めてOKです。

 

ぼくが今ワーホリに行けるのであれば、スペインか韓国に行きます。理由はスペイン料理と韓国料理が好き&両方の国の文化に興味があるからです。

ワーホリの費用について。必要な資金は100万円

ワーホリの費用について諸説がありますが、個人的には100万円を勧めています。100万円以上貯金があると選択肢が広がるので貯金はあればあるほど良いです。

 

確かにお金ギリギリでも最悪なんとかなってしまいますが、お金を持っていった方が明らかに選択肢は広がります。お金がないと、すぐに仕事を見つけなくてはと焦ってしまい、すぐに雇ってくれる安い賃金の雇用主にあたってしまうことも・・・。

 

渡航後1ヶ月目の簡単な内訳(オーストラリアの場合)

名目 金額(円)
航空券 28,500
ビザ代 36,000
宿泊代 60,000
食事代 8,000
SIMカード 2,400
合計 134,900

 

にゃも
にゃも
これが生きていく最低金額でしょう・・・。

 

これに海外保険を1年加えたらプラスで20万円です。

 

はじめてのワーホリにかかる金額はいくら?【実際に使った金額は10万円でした】 こんな疑問に答えます。 本記事の内容 ワーホリにかかる最低限のお金 ぼくが初めて行った時にかか...
誰にでもできる!100万円貯金をする方法この記事では誰でも簡単に最速で効率よく100万円を貯金できる方法について書きました。これは自分自身が実践した方法であり、自信を持ってお金を貯める事ができますよと言えます。...

スポンサードサーチ

 

ホームステイのメリット・デメリット

ホームステイの満足度は65%です。Twitterを利用して投票したので信頼できる数値です。比較的多くの人達がホームステイに満足している証拠ですね。

メリット・デメリットは以下のとおりです。

  • 困った事があればホームステイ先に相談することができる
  • 現地のリアルな情報を入手できる
  • 食事を用意する必要がない
  • 自分の部屋を与えてもらえる
  • ご飯が全く合わない場合がある
  • ホームステイをビジネスとしてやっていて交流0の場合あり
  • シャワーの使い時間・門限などが決まっている
  • 郊外に住んでいるケースが高く、中心地までのアクセスが大変

 

これらは実際のホームステイした人から集めた声です。ぼくはカウチサーフィンというサービスを使ってホームステイと同様の体験をしましたがまさに30%程度でハズレがあります・・・。

 

個人的にはわざわざホームステイはしなくてもいいかなと思っています。理由は、現地の情報や困った事があれば、英語ができなくても現地の日本人と仲良くなれば助けてもらえるからです。また、ホームステイを利用する人のほぼ100%はエージェントを使うのですが、それよりもAirbnbBooking.comを利用して探した方がレビューがちゃんと見れるのでハズレを引く可能性が非常に低いです。また、割安です。

 

海外旅行の宿泊費を節約!?CouchSurfing(カウチサーフィン)とは海外旅行となると、懸念されるのが宿泊費・・・。 世界一周においても一番費用がかかる項目と言っても過言ではありません。 ...

英語初心者はフィリピン留学行った方がコスパがいい

フィリピンの語学学校で英語の勉強して英語が爆伸びした

オーストラリアやカナダで語学学校に通う人は3ヶ月前後の人が多いと思います。費用の問題があるからです。語学学校は1ヶ月13~15万円程度するので、3ヶ月通うとそれだけで45万円の費用が発生します。

 

それに比べてフィリピン留学であれば、宿泊費・食費・学費すべて込みで1ヶ月10万円~13万円程度です。そのため、フィリピン留学で半年勉強してから英語圏に行くという手段も現実的に可能です。(ぼくもそれをおすすめしています)

 

費用の部分を押し出してしまいましたが、フィリピン留学をおすすめするのには他にも理由があります。英語圏の語学学校の多くは5時間前後の授業でしょう。宿題もたいして出ないので、この環境で3ヶ月勉強しても初級から中級の入り口くらいまで行って終わりです。

 

英語を最初から効率良く伸ばしたいというのであれば、フィリピン留学でマンツーマンかつスパルタコースを選ぶべきです。中にはTOEICやIELTSなどの資格試験の点数保証を設けている学校もあるのでそういう学校のカリキュラムをこなせば、効率よく英語を伸ばすことが可能です。

 

ぼく自身、2ヶ月のフィリピン留学で驚くほど英語力が伸びました。周りの生徒も頑張っていたので、モチベーションを高く保つ事ができました。

 

留学に関してはMENTAで有料で相談に乗っていますが、DM程度であればTwitterに連絡下されば回答しますのでお気軽に連絡して下さい。

留学について相談する

スポンサードサーチ

 

ワーキングホリデーに必要なものを揃える

ワーキングホリデーに行くために最低限必要なのは以下の3つです。

  • パスポート
  • 航空券
  • ビザ
  • 残高証明書(英語)

パスポート

パスポートは作成に2周間程度かかるので早めに作っておいた方がいいでしょう。ギリギリで作るとぼくみたいに出発ギリギリで間に合うか間に合わないか心配して心臓に悪いです。笑

 

戸籍抄本または戸籍謄本を手に入れるため本籍地まで行かないといけません。行けない場合は郵送ですね。

 

そして、申請してからも6営業日かかります。このことからパスポートを作成するのにはどうしても2週間程度かかりますので、余裕を持って作成しておくことをおすすめします。

参考:東京都生活文化局パスポート作成

 

航空券

航空券は早め(1ヶ月前以上)に取得しておくと安く済みます。日にちがせまっていても人気のないチケットであれば安いままの場合がありますが、ワーキングホリデーで行く目的地は大体有名な都市であるため、出発日に近付けば近付くほど値段が上がっていきます。

▼格安航空券の探し方▼

格安航空券購入する方法まとめ。【裏技あり】海外旅行を考えた時に、一番の最初の悩みはどうやったら一番安い航空券を購入できるかということだと思います。 ...

 

最近はGoogleフライトもかなりつかえます!

▼空港は搭乗時間3時間前に行きましょう▼

海外の空港は何時間前に行くべき? ✔こんな質問にお答えします。 結論から先に答えると、 一般的な考え(旅行会社が提唱)  2...

ビザ

ビザの取得方法はインターネットに丁寧に載っています。

オーストラリアの場合であればこちらのサイト

カナダの場合であればこちらのサイト

書いてある通りに申請すれば問題なく発行されます。

残高証明書

ワーキングホリデーで入国する場合、残高証明書を入国時に見せる義務があります。(と、言っても見せなくて済む場合がほとんど)しかし、ワーホリで入国時に必須書類となっているので必ず持って行くようにしましょう。

 

ぼくの場合は、UFJ銀行で英語の残高証明書をもらいました。756円(税込)の費用がかかります。また、これは即日発行できない場合があるので、早めに手に入れておくと良いでしょう。

忘れがちだけど必ずやっておくべきこと

  1. 海外保険の加入
  2. 歯の治療
  3. 役所の手続き
  4. クレジットカード作成
  5. 国際免許証作成

この①~⑤は出国前に必ず用意すべきでしょう。

海外保険の加入

海外保険の加入は必須です。厳密に言うと、なくても入国できてしまうのですが、海外で怪我をしたり入院したりするととんでもない費用が発生します。

ぼくも海外で何度病院に行ったかわかりません。具体的に言うと・・・

  • オーストラリアでサーフィン中に事故に合い病院に運ばれ手術
  • 腹痛が治らず病院へ
  • インフルエンザのような高熱が続き病院へ(2回)
  • スケイビーズ(疥癬)で日常生活に支障が出る
  • ベッドバグ(トコジラミ/南京虫)で日常生活に支障が出る
  • 普通の風邪

これくらい病院に行きましたね。1年で20万円程しますが、安心を買うために必要な経費です。

歯の治療

これも必須です。歯の治療は英語圏では非常に費用がかさみます。(イギリスでちょっと治療するだけで10万円かかると聞いて諦めました)ぼくの妻は虫歯になり過ぎてオーストラリアで破産しました。親にお金を送ってもらっていましたね。(基本的に歯の治療に保険はききません)

 

そのため、日本に居る間に歯医者に通って徹底的に歯の治療をした方がいいです。親知らずの治療もできるのであればやった方がいいです。(ぼくは海外で2本も抜く羽目になりました)

役所の手続き

役所の手続きをし忘れると日本国内に居ないのにも関わらず税金が発生してしまいます。国外転出届を必ず提出して、税金が発生しないようにしましょう。

▼詳しくはこちらで解説しています▼

海外に出る前の準備。税金や年金について徹底解説 ✔そんな悩みに回答します。 結論から言うと、海外転出届を提出して海外へ行って下さい。また...

クレジットカード作成

クレジットカードはできれば会社員のときにできる限り作成した方がいいでしょう。無職になってから申請すると、審査に落ちます。笑

クレジットカードは支払いのときはもちろん、キャッシングで外貨をおろすこともできるので海外でとても重宝します。

▼現地通貨をおろす際に注意すべきこと▼

海外ではキャッシングで現地通貨を手に入れるのがおすすめ【使い方&注意点】海外でキャッシングするのが1番お得な現地通過の取得方法です。しかし、注意しなければならない事があります。ここでは実際の海外キャッシング体験者が注意しなければならないポイントについて細かく説明していきます。...

国際免許証作成

国際免許証は海外で運転するのであれば取得必須です。

ちなみに国際免許証を持っておくと、職種の幅が増えます。意外と国際免許証を持っている人優先的に採用とかあるんですよね。日本食のサプライヤーで働いたりできます。

ぼくも国際免許証のおかげで会社から重宝され、車も支給してもらいました。

 

にゃも
にゃも
おかげで調子にのって沢山罰金払ったケドね・・・。

スポンサードサーチ

 

【ワーホリ準備】行く前に知りたかったこと。まとめ

ワーホリに行く前に準備することは比較的多いです。1年くらい前から計画的に進めて出発直前になって慌てないようにしましょう。

 

ワーホリなどの留学のことについてはMENTAで有料またはTwitterのDMでも受け付けていますので、何か困ったことがあれば気軽に連絡して下さいね♪

 

ワーキングホリデーを利用して海外を楽しんで下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA