世界旅行

海外ではキャッシングで現地通貨を手に入れるのがおすすめ【使い方&注意点】

にゃも
にゃも
海外で現地のお金を引き出すときどうすればいいのだろう?

海外のキャッシングについて詳しい事を知りたいな。

 

✔こんな疑問にお答えします。

 

にゃも
にゃも
ぼくが世界一周旅行をしている際、現地通貨を手に入れるのに注意した点を以下にまとめました。

キャッシングの使い方を知っている方にも有益となるような記事を作成しましたので一読下さい!

 

海外キャッシングとは?使い方

海外キャッシングとは

海外キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング機能を利用して海外で現地通貨を引き出す方法です。

VISA、Master Cardなどがあり、そのマークがあるATMで引き出しすることができます。

ATMには使えるブランドがシールで貼ってあるのでひと目でわかります。

海外キャッシングの方法

キャッシングの仕方は簡単です。キャッシュカードからお金をおろす感覚で使えます。

 

  1. 言語設定で英語「ENGLISH」を選ぶ
  2. 暗証番号(PIN)を入力し、「ENTER」を押す
  3. 取引内容を選ぶ。「WITHDRAWAL」でOK
  4. 「CREDIT」を選択。「CASH IN ADVANCE」と表示される場合あり
  5. 金額を選ぶ
  6. カード・明細書・現金を受取る
  7. 「Would you like another transaction?」(取引を続けますか?)の情報については「No」を選択しましょう

※取引手数料については以下に別途説明します。

上記の説明より、以下のVisaカード公式YouTube動画がわかりやすいです。

スポンサードサーチ

 

キャッシングは現金両替よりもお得です

エポスカードの公式ページにも記載されていますが、現地通貨の用意は海外ATMのキャッシングがお得です。

 

にゃも
にゃも
実際ぼくも空港で現金両替をして後悔しました・・・。

 

 

5000台湾ドル(17,750円)が3700バーツ(12,802円)になっていますね。ざっくり5000円持っていかれています・・・。

これ通常のレートなら以下のようになるはずです。

 

にゃも
にゃも
それくらい空港のレートはエグいという事ですよ。

 

キャッシングの場合はこんな事はおきません。

 

実際にキャッシングを利用したときの利息が以下のような金額になります。数百円しか利息が発生していないですね。

 

 

ATM利用手数料はエポスカードで、1万円超で216円、1万円以下が108円(2019年1月)になります。

つまりキャッシングは現地で両替するよりも超お得なのです。

海外ATMの手数料は2種類

海外のキャッシングの手数料には2種類あります。

  1. ATM所有者の手数料
  2. カード発行会社の手数料

 

にゃも
にゃも
今まで説明してきたのは②の手数料の方だよ。

 

①はATMを引き出す際に「手数料が◯◯円かかるけどよろしいですか?Yes or No」と表示が出てきますが(タイであれば250バーツ、台湾であれば100元)キャシングであればこれは請求されません。(上記のキャッシングの請求書からも確認済み)

 

しかし、海外プリペイドカードやデビットカードではこれが請求されます。

しかもプリペイドカードやデビットカードでは上記に加えて換算レートに以下の海外手数料がかかります。

✔新生銀行の海外プリペイドカード・・・約4%

参照:新生銀行グループ カードをご利用の前に

✔楽天銀行の海外デビットカード・・・約3%

参照:楽天銀行デビットカードの使い方

✔クレジットカードの利息・・・約2%

海外でご利用になった場合の換算レートは、外貨額を国際ブランドの決済センターで集中決済された時点での国際ブランドが指定するレートに、海外利用にかかるコストとして、3.024%(税込)を加えたものになります。海外利用にかかるコストは、購入代金支払およびキャンセルや返品によるご返金の場合にも同様に、国際ブランドが定めたレートに3.024%(税込)を加えたものが必要となります。従って現地でご利用になった際のレートではありませんのでご留意ください。なお、円換算レートは公開されていないため、お問い合わせにはお答えできません。

引用:楽天銀行

これを見るとクレジットカードのキャッシングがどれだけお得か理解していただけたでしょう。ATMの利用料(手数料)がかからない上に換算レートに上乗せされることもありません。

 

さらにこれに加えて、このクレジットカード(キャッシング)の利息を減らす方法があります。それが繰り上げ決済です。

 

にゃも
にゃも
特に、セディナカードではネットで繰り上げ返済ができるので、旅人の間で重宝されています。

スポンサードサーチ

 

海外キャッシングはセディナカードが圧倒的にお得

海外キャッシング専用カードオンライン繰り上げ返済(Pay-easy)が優秀だからです。

約2%かかる利息ですが、即日支払いすれば0.2%以下に抑える事ができるでしょう。

つまり、実質手数料はほとんどかからず外貨を手にすることができるのです。

また、海外で使えるクレジットカードを他の方のブログを見て勉強するのもよいです。

海外キャッシングは銀行の横のATMを使う

クレジットカードでキャッシングするのであれば、銀行に併設されているATMを利用して下さい。なぜならクレジットカードを入れても出てこなくなるようなATMが世界各地にあるからです。

さらに細かく注意点を記載すると・・・

✔平日の銀行の営業時間内

※吸い込まれても銀行にすぐに駆け込める

✔壁に埋め込まれているタイプがベスト

※吸い込まれてもすぐに回収可能

✔万が一どうしても引き出す必要があるときは現地の人が使った後のATMを使う

 

台湾嫁
台湾嫁
本当に注意してね。

 

世界各地からあった被害例や注意点


実際に現場に居合わせた事がありますが、海外でカードが吸い込まれても誰も助けてくれません。銀行の横にあるATMを必ず利用するようにしましょう。

スポンサードサーチ

 

ATM利用時に暗証番号は絶対に見せない

暗証番号を盗み見してからクレジットカードをスリする犯罪が横行

 

7 ways you are vulnerable to pickpockets – and how to prevent …

7 ways you are vulnerable to pickpockets – and how to prevent them

Daily Mailさんの投稿 2016年9月21日水曜日

 

こちらの動画の0:40から見れば、どうやってクレジットカードが簡単に盗まれてしまうかわかります。非常に巧妙な手口でアジア人を確実に狙っています。

 

▼その他の海外のトラブル・詐欺についてはこちら▼

海外でのトラブル事例・対処方法【ヨーロッパ編まとめ】 今回は、このような疑問に答えます。 ヨーロッパの詐欺について重点的にまとめました。 ヨーロッ...
海外でのトラブル事例・対処方法【アジア編まとめ】 このような疑問に答えます。 今回は、アジアの詐欺について重点的にまとめました。 アジアで発生...

 

その他のキャッシングの注意はこちら

Visaカードで海外でのキャッシングができない理由

キャッシングができないときは以下の事を確認しましょう。

✔キャッシング機能がついているか(または利用不可になっていないか)

✔限度額をオーバーしていないか

✔国際ブランドがあっているか

✔ATMに現金がない

✔暗証番号が間違っている

ここらへんがよくある理由ですので落ち着いて違うカードを試したりしてみましょう。

暗証番号を間違え続けると使用がロックされてしまい、再度アクティベートするために国際電話をかける必要があったりするので注意しましょう。

スポンサードサーチ

 

海外のキャッシングのおすすめ【使い方と注意点】まとめ

✔海外において現地通貨を下ろすときはクレジットカードのキャッシングがベスト

セディナカードのキャッシングを使えばインターネットで繰り上げ返済できるので手数料は限りなく少なくすることができますので、それがベストです。

✔キャッシングするときは銀行の横に併設されてあるATMを利用する

万が一カードが吸い込まれたときにでも銀行員が対応してくれる可能性が大です。銀行が空いている日中に計画的にお金をおろしましょう。

✔ATMからお金を下ろすときは周りに注意する

お金をおろすのを狙っている人たちがいますので、特別注意しましょう。

スリなどについては以下の動画を見て、事前に起こる事を想定しておき、似たような事が発生したら警戒心をむき出しにしましょう。

✔キャッシングが使えないときは別のカード&ATMを利用しましょう

利用できないのには必ず理由がありますので、慌てて何度も暗証番号を押したりしてカードが使えなくなるのを避けましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA