海外で働く

将来海外で活躍したい!TOEIC、TOFEL、IELTSどれを勉強するべき?

にゃも
にゃも
海外就職したいんだけど英語の資格はどれを勉強すればいいのだろう。。。

 

✔こんな質問に答えます。

 

日本にいると、TOEICの参考書が書店に沢山ありますね。だけど、TOFEL・IELTSという試験も良く耳にするのではないでしょうか。

また、TOEICは実践で使えないという事も聞いた事があるのではないでしょうか。

そこでこの記事では実際に4ヶ国で海外就職したぼくの観点から意見を述べていきます。

 

にゃも
にゃも
それではどうぞ~。

英語の資格は海外の現地企業では必要なし

ぼくが海外で現地企業の仕事を探している際、履歴書の英語の資格について見られた事はありません。

一応、履歴書には言語の欄があるので、

日本語 母国語
英語 上級
中国語 日常初級会話レベル

と、書いています。しかし、英語の資格のスコアは特に書きません。

英語の資格が必要のない理由は簡単です。

面接すればすぐにその人の英語レベルがわかるから。

 

にゃも
にゃも
当たり前と言えば当たり前だけど、なぜか日本の企業では英語面接がほとんどない。。。

 

また、海外では英語ができるのは当たり前だと思っているフシがあります。英語の能力+αで履歴書の書き方や面接でのアピール方法が重要です。

それに関してはゆうさん英語面接の対策記事を読むとためになります。

日本で外資系を受ける場合は少し状況が違っていて、TOEICの点数が足切りになっているところもあります。(学生にふるいをかけるため)

しかし、ぼくの妹はアクセンチュア、ぼく自身もAmazonを受けましたが、TOEICのスコアは書いていなかったので、英語の資格は必要なかったと言えるでしょう。

日本の会社の海外駐在を狙うならばTOEIC!

日本の企業では未だにTOEIC神話が健在です。海外赴任をすることにおいてもTOEICの点数が高ければ有利です。

800点~900点くらいのスコアを持って、海外駐在を志望すれば人事の目に留まる可能性があります。

日系企業の海外事業部に入社するときもTOEICの点数を足切りにされる事が多く、IELTSやTOFELの点数を聞かれる事はほとんどありません。

未だに海外駐在は美味しいポジションであり、学べる事も多く、キャリアアップにも役に立ち、貯金も沢山たまりますので個人的にはすごくおすすめです。

海外で日系企業を探す場合

この場合は採用の基準としてTOEICの点数を提示している会社もありますが、(日本人のほとんどがTOEICばかり受験するため)実際に英語を業務で使用するのであればIELTSやTOFELを重要視します。

なぜなら、IELTSやTOFELは読む・書く・聞く・話すの4つの能力が必要とされるためです。

どちらかの試験で高得点が取れている場合、TOEICの高得点保持者に比べて遥かに高い英語能力があることを知っているからです。(IELTS・TOFELはどちらも国際的な英語試験として利用されているためどちらでも構いません)

また、現地で英語を使うのであれば、英語面接がある場合もあります。ぼくは過去にタイで日系の会社で面接を受けましたが、最初の数分のカジュアルな会話が終わった後は、

 

では英語で自己紹介して下さい。

 

と、唐突に言われました。

つまり実用的な英語を求められているという事です。

✔海外の日系企業

  • IELTSやTOFELの点数
  • 実践で英語を話せるか
  • 言語以外の実践的能力

が重要なポイントになります。

 

将来海外で活躍したい。TOEIC、TOFEL、IELTSどれを勉強するべき?

話を戻しましょう。将来海外で活躍したく、どの資格を勉強すべきかという事においては以下のような結論になります。

日系会社で海外駐在を狙う TOEIC
日本で外資系を受ける TOEICまたは必要なし(しかし、英語能力がないと後々超苦労する)
海外で日系会社 必要なしまたはTOFEL・IELTS
海外の外資系 特に資格必要なし・実践で使える英語(TOFEL・IELTSが良い)

 

にゃも
にゃも
日本で海外駐在狙うならTOEIC、実践的な英語を身に着けたいならTOFELかIELTS!

▼英語の勉強法はこちら▼

英語のプロによる「英語勉強法リレー」【英語勉強法8選+】 英語を学習してきたぼくも疑問に思ったので・・・・ 本当に英語ができる人達の勉強法が広まって欲しい! そこ...

海外では英語を求めていない求人も沢山ある

余談なのですが、海外の求人では英語能力を求めていない求人は沢山あります。


ぼくの友人がインドネシアで人事をやっているのですが、英語能力はカタコトでもいいから現地の人とうまく仕事をしていく能力がある人が欲しいと嘆いています。

海外では、日本と同じような仕事の進め方をしていると痛い目を見ます。(ぼくが実際に痛い思いをしました!)

こういう環境下のなかでも前向きに、他の人と協力して仕事をしていく姿勢の方が語学能力よりも重宝されます。

海外では労働時間は日本より圧倒的に少ないですが、違った苦労がありますのでそれを理解した上で決断すべきかと思います。

▼海外勤務のメリット・デメリット▼

海外就職のメリット・デメリット・やり方【経験者と対談】 こんなお悩みを解決します。 ひさけんさん経歴 2...

 

にゃも
にゃも
海外就職はおすすめだけど、日本とは違った苦労があることは覚えておこう。

 

台湾嫁
台湾嫁
だけど、海外での苦労を考えても日本のブラック企業よりかは全然マシだけどね…。

台湾留学・中国語勉強で悩んでいませんか?

  1. 中国語(簡体字)が100本の動画でスキマ時間に勉強可能
  2. 質問は永年無制限
  3. 中国語の勉強方法がわからない初心者向け

 

  1. 台湾華語(繁体字)を1レッスン(55分)80回(3ヵ月)で勉強
  2. 全講義の録画データを配布(欠席しても自主学習可能)
  3. 四声・ピンインがわからない初心者向け

 

  1. 台湾華語(繁体字)を1レッスン(55分)80回(3ヵ月)で勉強
  2. 全講義の録画データを配布(欠席しても自主学習可能)
  3. もっと深い話ができるようになりたい中級者向け講座

 

  1. 中国語(簡体字・繁体字)を1対1でレッスン
  2. 日本人講師が多数在籍
  3. 経験のある講師達を厳選採用
ABOUT ME
アバター
にゃも
日本の日常生活に疑問を持っている人たちへ! 海外・台湾(台中)についての情報発信中! 1985年生まれ東京出身。 青山学院大学卒。RICOH→オーストラリアの現地企業→世界一周→Amazon Japan→カナダ現地企業→台湾人と国際結婚→台湾移住→フリーランス&起業家。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)