海外で働く

海外就職のメリット・デメリット・やり方【経験者と対談】

 

にゃも
にゃも

漠然と海外就職したい。

だけど、どうすればいいんだろう・・・。

 

こんなお悩みを解決します。

 

にゃも
にゃも
今回は、元ユニクロ勤務で、フィリピン・ベトナムで海外就職したひさけんさんをお招きして話をしていきます。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
よろしくお願いします。

 

ひさけんさん経歴

 

2006年:日本大学経済学部入学

バックパッカーを初めて、60カ国旅する。

エジプトカイロから南アフリカケープタウンまでアフリカ大陸陸路縦断。

 

2010年:株式会社ユニクロ入社

日本で店長を3年行い、店舗運営や人材管理を行う。

香港の赴任で新規店舗出店のサポートを従事。

日本に戻り、ユニクロのオンラインストアでKIDS,BABYの担当。

 

2016年:Techbox Internatonal Inc入社

フィリピンのスマートフォンの小売業の事業再生。

スマホの販売、出店戦略、新規ビジネス立ち上げ(延長保証、中古販売、オンラインストア)を実施。

 

2018年:ベトナムの現地企業に入社

▼ひさけんさんの詳しいプロフィール▼

筆者にゃも経歴

2012年:オーストラリア現地企業勤務

2013年:外資系企業(アマゾンジャパン)勤務

2014年:カナダ現地企業勤務

2018年:台湾現地企業勤務

▼詳しいプロフィールはこちら▼

台湾にゃもプロフィール こちらのページを訪問下さりありがとうございます。台湾にゃも(@Shohei192)です。 140文字のサクッとプロフィ...

 

今回の話では東南アジアで就職することのメリット・デメリットと就職方法について書いていきます。

 

にゃも
にゃも
仕事の探し方のみ知りたい人は目次から「海外就職のやり方」へ飛んで下さい。

 

海外就職のメリット7つ

東南アジアでの海外就職メリットについてはいくつかあります。

  1. 満員電車がない
  2. 残業がなく定時帰り
  3. お金が貯まる
  4. 飲み会がない
  5. 生活水準が上がる
  6. 海外で働いた職歴ができる
  7. 自分の時間を確保できる

①満員電車がない

満員電車ってたった15分程度乗っているだけで疲弊しますよね。オーディブルを聞きながら、自分の世界に入っていたとしても疲れてしまうのは避けられません。

ここで朗報なのですが、東南アジアでは満員電車はありません。あったとしても日本のように体が接触していることはありません。満員電車は日本だけの異常な文化です。

 

 

そもそも東南アジアではタクシーが日本に比べて圧倒的に安いのでタクシーで移動すれば基本的に苦痛から解放されます。

タイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、シンガポールはGrabで問題ないです。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

にゃも
にゃも
ローカルバスや電車を使うともっと安いですが、タクシーを気軽に利用できるのは大きなメリット。

 

ひさけんさん
ひさけんさん

日本は新宿や渋谷や東京駅や横浜とオフィスはいろんなところにあるけど、東南アジアはある一定のエリアにオフィスがまとまってるから通勤しやすい。

そのエリアにコンドミニアムもあるので、歩いて10分で出勤する人もたくさんいますよ。

 

②残業がなく定時帰り

日本では残業が当たり前の文化です。ぼくも日本企業での平均残業時間は130-150時間だったので、ヤバいレベルです。(語彙力)

 

日本に住んでいる友達に聞いても、月に40時間(1日2時間)くらいの残業ならマシな方と口を揃えて言います。

 

にゃも
にゃも
たった2時間と言っても、9時-18時の会社で勤務していたと考えると、終業は20時ですよね。それから平均通勤時間である1時間を加えると、家に帰るのは21時。

参考:日本人の通勤時間に関するまとめ 片道1時間は当たり前?無駄に過ごす人も多数

 

ひさけんさん
ひさけんさん
もう21時に家に帰る生活なんて考えられない・・・。

 

残業はほとんどないところが多いですから、Kindle Unlimitedなどを利用して本をたくさん読むことができますね。

 

にゃも
にゃも
定時で帰れる会社に勤務するだけで圧倒的に幸福度が増します。

 

③お金が貯まる

これは勤務する会社にもよるので一概には言えませんが、日本よりも貯金できるケースが高いです。

 

理由は3です。

・生活費が安い

・身に着ける物にお金がかからない

・飲み会がない

 

にゃも
にゃも
細かく説明していくよ。

 

生活費が安い

東南アジアでは毎月の生活費が5万円~10万円も現実的に可能です。ぼくの場合、台湾であまり節約をしなくても15万円程度でした。特に日本に比べて家賃が安いですし、交通費も安上がりです。外食もローカルのお店に行けば安く済みます。もちろん高いお店もありますので、おいしいものを食べたければお財布と相談になります。

 

【台湾の物価は高い?安い?】ぼくの台湾での1ヶ月の生活費を公開するよこんにちは!台湾在住3年目のにゃも(@Shohei192)です。 今回は、ぼくと嫁さんの1ヶ月の生活費を公開します。 ...

 

ひさけんさん
ひさけんさん
今住んでいるところはベトナムで50平米で家賃は55000円。掃除と洗濯を週3日のメイド付きなので、家事する時間も節約できます!

 

身に着ける物にお金がかからない

海外に出てから本当に実感するのですが、服にお金がかかりません。

かからない理由としては・・・

・スーツが不要。私服勤務OKの会社が多い

・周りがおしゃれに気を付けていないので、気にしなくてもいい

・海外だとおしゃれな服は見つけにくい

ぼくは海外で働き始めてから、私服OKの会社がほとんどでした。

もちろん業種によってはビジネスカジュアルやスーツを着ることを求められることもありますが、基本的に少な目です。

同僚を見ても、日本みたいにスーツに折り目がちゃんとついていて、ネクタイとシャツはいつも違う色で・・・カバンもビジネス用バックで・・・なんてことはありません。

 

にゃも
にゃも
みんなすっごいラフですし、スーツにぼろぼろのリュックサックとかも普通です。

 

 

ひさけんさん
ひさけんさん

東南アジアだと常夏なので冬服買わなくていい!日本だとコートとか一着3万とかしますよね?

アジアだとユニクロはハイブランドなので、ユニクロ着ているだけでローカルからは羨ましがられるよ!

 

④飲み会がない

海外ではいわゆる飲み会が圧倒的に少ないです。日本で普通にサラリーマンをしていると、会社での飲み会・友達との飲み会と毎週飲んでばっかりという人も多いのではないでしょうか。

しかも1次会で終わればいいのですが、2次会、カラオケ、キャバクラなどさらにお金を消費することも少なくありません。

 

にゃも
にゃも
飲み会で得られるものってなんだろう・・・。

 

海外で飲み会の機会が減ると上記のように思うことがあります。また、日本はイベントやお祭りも多く、それを理由にしてお酒を飲むのが当たり前です。

 

忘年会にクリスマスに年末年始・・・ぼくも日本にいた時は長期連休は酔っ払いぱなしでした。ストレスのはけ口がお酒を飲むことになっていましたね。

 

 

にゃも
にゃも

飲み会は安くありません。そのため、これがなくなるだけでも不要な支出が減るでしょう。

また、それに伴って時間が増えるので自分のために時間を使うことができます。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
東南アジアに生活しているだけだとお金は貯まるけど、日本にたくさん帰国すると飛行機代や日本での宿泊代でお金かかるから注意!!

 

⑤生活水準が上がる

海外に住むと生活水準が上がるケースが多いです。

そもそも日本人が東南アジアで勤務すると、その国の平均年収よりもらえます。平均年収よりも収入が高い分豊かに暮らすことができます。

 

にゃも
にゃも
おかげでぼくも台湾でタワマンに住むことができています。家賃は13万円です。

 

先に説明したようにタクシーも安いので、移動も気楽です。街自体が日本の都市に比べて大きくないので、数キロメートルで基本的に目的地につけます。

 

にゃも
にゃも
習い事をしたいと考えたときも安いケースが多く、ぼくは英会話学校・ゴルフ・ピアノ・筋トレも日本の価格に比べて格安で学べました。

 

 

View this post on Instagram

 

Golf training #golf #professionalcoach

[email protected]台湾さん(@shohei1985092999)がシェアした投稿 –

 

ひさけんさん
ひさけんさん
海外に来て習い事を始める人って多い。ジムもパーソナルトレーナー付けても日本の価格の半分以下なケースがほとんどでしょう。

 

にゃも
にゃも
自宅で英会話を学べるレアジョブ英会話や本が読み放題のKindle Unlimitedがおすすめです。

近所のジムで健康維持に励むのもいいかと思います。

 

⑥海外で働いたという職歴ができる

海外で働いた職歴ができると、転職活動で有利に働きます。

しかし、これは海外転職や外資系企業であって、日本の企業では評価されない事が多いです。

海外で働くには語学力・多国籍とのコミュニケーション能力が必要不可欠です。仕事の進め方も日本の常識と異なります。日本の企業では未だに企業のカラーに染まった人を欲している傾向が強く、海外で経験を積んだ人が転職で入って来てもうまくマッチしない傾向があります。

そのため、将来海外や外資系企業で働きたいという人にとっては有利になりますが、日本国内の転職において評価があがることは稀ということを覚えておいて下さい。

※受ける企業・個人の能力にもよる

 

ひさけんさん
ひさけんさん

ぼくは海外就職は確実に個人の能力にプラスになると思うし、市場価値の上がるキャリアの作り方だと思います。

ローカルとのネットワーク作って、ローカル相手に仕事すればなお良いですね!

海外に来て、日本人相手にして、ほとんど日本語で仕事するのは少しもったいないと思う。

 

⑦自分の時間を確保できる

上記にも書きましたが、残業が少ない、飲み会が少ないという理由に合わせ昔ながらの友達との不要な付き合いがなくなるため、自分の時間が圧倒的に増えます。

 

にゃも
にゃも
個人的には、空いた時間を活用してインターネットで稼ぐ方法を学ぶことをおすすめします。まずはランサーズから始めてみるのも悪くはありません。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
日本より不便なことは多いですが、変な誘惑も少ないので、お金や時間の浪費が圧倒的に減ります。

常夏に住むと一年中あったかいから、日本の冬の「布団から出れない」「寒いからシャワーの時間が長くなる」みたいなことがないから、時間の節約ができます。笑

 

スポンサードサーチ

 

海外就職のデメリット7つ

  1. 異文化に慣れるまでが大変
  2. 時間通りに交通機関が来ない。深刻な交通渋滞
  3. サービスの質が悪い
  4. 治安が日本より悪い
  5. 食事が衛生的でない・質が悪い
  6. 言語の壁。情報を調べるのが大変

 

にゃも
にゃも
こちらも順番に説明していくよ。

 

異文化に慣れるまでが大変

海外に出るとわかるのですが、日本の当たり前は海外での当たり前ではありません。

例えば、日本人同士で働くのは息苦しいですが、仕事を安心して任せられるのも日本人。

 

にゃも
にゃも
皮肉ですねぇ。。

 

日本と同じことを海外で求めてしまうと生きにくくなってしまいます。イライラしても状況は全く改善しないので、受け入れてしまい諦めるのが得策です。

 

時間通りに交通機関が来ない。深刻な交通渋滞

バスや電車が遅れるのは日本に比べたら多いです。しかも東南アジアの都市は慢性的な交通渋滞に悩まされています。

バンコクの交通渋滞

 

にゃも
にゃも
ぼくもフィリピンのマニラでタクシー乗ったけど、歩いた方が早かった・・・。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
通勤時間帯は特にひどいですね・・・。

サービスの質が悪い

日本人が住むにあたって非常に問題になるのが、サービスの質です。

例えば、Wifiが長時間使えなくなったり、停電することもあります。

物が日本のように的確にすばやく届かないし、家の修理を頼んでもガサツなことも。。。

 

にゃも
にゃも
安かろう悪かろうという言葉が海外に出てから身にしみます。

治安が日本より悪い

日本の治安の良さは世界のトップクラスです。日本より治安のよい国を探す方が難しいです。

NUMBEOを参考にするとわかりますが、大阪は3位、東京は5位です。他の東南アジアで日本と同じポジションにいるのはシンガポールくらいです。

そのため、慣れていないとトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

 

海外でのトラブル事例・対処方法【アジア編まとめ】 このような疑問に答えます。 今回は、アジアの詐欺について重点的にまとめました。 アジアで発生...

 

ひさけんさん
ひさけんさん
デメリットであるけど、注意・予防で防げることも多いと思います。海外に4年以上住んでますが、強盗もスリもまだあったことがありません。

食事が衛生的でない・質が悪い

日本の食べ物は衛生的です。お腹を壊す事はほとんどないでしょう。

日本人旅行者が東南アジアでお腹を壊すことはよくあります。レストランで食べずにローカル食堂で食べる人はお腹を壊す確率も高くなります。もちろん水道水も日本みたいに飲めません。

食材管理もずさんな店は山ほどありますので、食材の質が悪くなりがちです。日本人は新鮮さを非常に大事します。一方で、東南アジアでは肉を解凍させてまた冷凍するなんてこともあります。ぼくたちからすればそんなのナンセンスだと思うのですが、東南アジアだと割と普通だったりします。

 

ひさけんさん
ひさけんさん

食事は相性があるし、フィリピンとベトナムだと真逆のような食事なので、合う国を選ぶといいですね。

日本食ばっか行くとお金が結構かかります。笑

 

言語の壁。情報を調べるのが大変

例えば、マレーシアではマレー語・中国語・タミル語・英語が離されています。英語が通じる人が多いので、言葉で苦労しないと言う人も多いようです。

シンガポールも英語が公用語の国として有名ですね。

しかし、タイではタイ語、ベトナムではベトナム語が話されます。

 

にゃも
にゃも
英語を使って乗り切れる場合も多いですが、現地の言葉がわからないと不便を感じることもよくあります。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
英語をしゃべれない人はさらに大変です。

 

日系企業は東南アジアに多く進出しており、日本語だけで仕事を見つけたり、日常生活も日本のエージェントを使ってしゃべらなくても生活はできます。

 

しかしながら、現地の言葉を学ぶまでは言語の壁を感じる事が多いです。慣れるまではこれがストレスになる可能性があります。

 

海外生活のストレスについて語るよ【海外在住歴7年でもホームシックはあります】 そんなお悩みに答えます。 ぼくのスペック 海外在住7年目(オーストラリア1年、カナダ1年、台...

 

日本語で現地情報を調べても情報は限られています。英語が使えればさらに検索できることは増えると思いますが、やはり現地の言葉で書かれている情報量は圧倒的に多いです。

しかも日本語でしか検索しかできないと「日本人価格」のサービスばかりになり割高になってしまいます。

 

海外就職のやり方について

海外転職する一番の近道はエージェントに登録して、求職することです。

 

ひさけんさんがおすすめするエージェントはこちら。

  1. BIZREACH(ビズリーチ)
  2. Working Abroad
  3. JAC Reqcruitment (ジェイエイシーリクルートメント)

 

ひさけんさん
ひさけんさん
実際、これらのサイトを利用してフィリピン・ベトナムに海外就職しました。

 

①BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチがおすすめの理由は年収の高さです。700万円以上の求人が多いです。

海外採用に関しては駐在員採用と現地採用の2つがあるので、応募前にチェックしましょう。

駐在員採用
本社で採用された後、有期で自社グループの現地法人に派遣され勤務するもの。

現地採用
日本国外の現地法人と直接雇用契約を結び、海外で勤務するもの。

掲載求人数は131,000件以上

会員数は1,400,000人以上

登録ヘッドハンター数は2,900人以上

\無料登録してあなたにピッタリの求人を/

BIZREACH(ビズリーチ)公式HPから登録する

②Working Abroad

Working Abroadのメリットは・・・

✔カバーしている職種が多い

✔エンジニアの求人が豊富

✔アジアの求人が多い

✔海外の支店があるため、情報の鮮度が高い

 

ひさけんさん
ひさけんさん
トップページから地域・職種・使用したい言語で条件を絞って希望の職種を探しましょう。

 

\どんな求人があるかサクッと調べてみよう/

Working Abroad公式HPから求人を見る

③JAC Recruitment (ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentのメリットは転職コンサルタントのサポートの手厚さです。

大手の求人が多いため、コンサルタントが転職活動に対して熱心に対応してくれます。

面接対策もしてもらえるので、使わない手はないでしょう。

しかしながら、本気で転職活動をしていると思われない人はドライな対応になることを覚えておいたほうがいいです。

 

にゃも
にゃも
海外転職を本気で考えたときには絶対に活用しましょう。

 

\無料登録して転職相談/

JAC Recruitment公式HPから登録する

 

にゃもがおすすめするエージェントはこちら。

 

にゃも
にゃも
ぼくがおすすめするエージェントを紹介します。

 

・金融系ならefinancialcareers

・英語のレベルによって仕事を探せるサイトはCareerCross

・ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキングサービスLinkedIn

※LinkedInについては以下サイトにわかりやすく説明されています。

参考:LinkedInとは?今さら聞けない使い方・便利な機能を紹介(InMail・SlideShareなど)

 

にゃも
にゃも
これらを利用すれば、年収500万~1500万円の企業を探すことが可能です。ぼくもこの前、中国の深センにある企業で年収1200万円提示だったので、サクッと電話面接しました。落ちましたが。笑

 

スポンサードサーチ

 

アジアの海外就職に必要な情報を手に入れるには


ここにも書いてある通り、アジアで海外転職したいのであれば、 そのメンターであるひさけんさんやその他東南アジアで活躍している人と繋がるのが近道です。

ひさけんさんが主催しているオンラインサロンASIA LABはアジアで活躍している人たちが集まるサロンです。

メンバーはインドネシア、台湾、カンボジア、ベトナム、タイ、フィリピン、日本にいるので、転職情報を始め、現地情報も集めることが可能です。

▼ひさけんさんとASIA LABについて▼

【海外に出る人を応援する】ASIA LABスーパーサラリーマンひさけんさんこんにちはにゃも(@Shohei192)です。 2018年8月度2人目のスポンサー発表です! 日本から海外に出る人たちが、も...

 

にゃも
にゃも
ここに書いてある情報をフル活用し、ぜひ海外転職を成功させてください。

 

ひさけんさん
ひさけんさん
アジアで活躍したい人たちを繋いでいきたいです。
ABOUT ME
アバター
にゃも
日本の日常生活に疑問を持っている人たちへ! 海外・台湾(台中)についての情報発信中! 1985年生まれ東京出身。 青山学院大学卒。RICOH→オーストラリアの現地企業→世界一周→Amazon Japan→カナダ現地企業→台湾人と国際結婚→台湾移住→フリーランス&起業家。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA