台湾暮らし

台湾台中の賃貸の不動産物件を探す方法【注意点・費用】

にゃも
にゃも
台中に引っ越すために物件を探したい。

 

✓そんなお悩みに回答します。

 

結論から言うと以下の2つの方法で物件を探す事が可能です。

 

台湾嫁
台湾嫁
一番有名なのは591!

 

にゃも
にゃも
だけど591を利用するには中国語が必要。中国語を話せる友達にコンタクトを取るか、英語が話せるオーナーを探す必要があります。もしも、それが難しいのであれば、最初はAirbnbを利用するのがおすすめです。

▼最大5,069円がおトクになる!▼

Airbnbで物件を探す

 

台湾の不動産賃貸の注意点は強制退去

不動産を探すにあたって、念頭におくべきなのは、台湾の不動産は契約しても、契約更新時に急に追い出される可能性があるという点です。

特にビジネスで店舗を構えている人は要注意でして、仲のいい経営者達は、警戒しています。

 

そのため、賃貸契約の更新は1年前から行う事をおすすめします。

 

このようにぼくの友達の経営者も、不動産オーナーとの交渉がうまく行かず、店をたたむ事になりました。

 

ぼくも家の更新を拒否されたので、物件を探しまくる結果となりました・・・。

スポンサードサーチ

 

物件は20件程度見学すべき

毎回、物件を探す時は、20軒を目標として探しています。実際に物件を探した感想として、20軒見に行くと、価格感もわかるし、掘り出し物件に出会う事もあります。

 

だけど、見学していたら他の人が物件を決めてしまったという事も残念ながらおきます。(ぼくは、そういう時は縁がなかったと思っています)

 

しかし、物件は星の数ほどありますので、探せば必ず住みたい物件が出てきます。20軒以上見学後、住みたい物件が出てきたら、すぐに契約するようにしています。

 

見学を沢山すると、それがすぐに契約すべき物件かどうか感覚的にわかるようになるんですよね。

不動産を借りるのに必要な初期費用

毎月の支払いは、「賃料+管理費」になります。安いと思っていた物件も管理費を見たら結局高かったなんて事もあります。

 

実際に借りる時は、保証金として、2ヶ月分の賃料を支払う必要があります。不動産会社を通した場合には、月額賃貸料の半額を支払います。物件がオーナー所有だった場合、不動産会社を通さないので、この費用は発生しません。(保証金は、退出時に返ってきます)

 

2018年に借りていた物件は管理費を含めて、34,800元/月でした。(賃料:31,300元、管理費:3,500元)そのため、最初に100,500元を支払い、さらに不動産へは15,650元、合計120,650元の支払いをしました。

 

台湾嫁
台湾嫁
上記の他に毎月の光熱費(電気代、水道代、ガス代)や通信費用がかかるわ。

 

スポンサードサーチ

 

まとめ

台湾台中で不動産を探す際は、591が便利です。また、不動産を契約する時は以下の事を注意しましょう。

  1. 物件は20軒くらい見学する
  2. 現地に住んでいる人に同行してもらう
  3. 契約書を結ぶ、領収書をもらう※超重要

海外において、自分の身を守るのは自分ですので、③は特に注意するようにして下さい。変な物件や大家さんを避けるためにも②も重要です。言語交換アプリHelloTalkや英語が使える人はカウチサーフィンを利用して友達を作るのがおすすめです。

 

オーストラリア・カナダでも家探しは沢山しました。それに関しては以下にまとめてあります。

シェアハウスを探しているあなたに!絶対気をつけたい注意点まとめ。【オーストラリア・カナダ】ぼくは、日本・海外問わずシェアハウス経験が豊富です。 よく友達のシェアハウスにも行きました。 そこで気付いた...

 

▼最大5,069円がおトクになる!▼

Airbnbで物件を探す

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA