台湾暮らし

台湾のスーパーマーケット&伝統市場の違いを比べてみた【鮮度&値段】

台湾は食品を買い物するにあたって、2つの選択があります。伝統市場とスーパーマーケットです。

 

前者の方が生鮮食品が安く買えます。スーパーマーケットは日本と同じ感じですね。

 

本日はこの2つについてメリットやデメリットを説明していきます。

伝統市場(菜市場)とは

台湾全土にある上記写真のような場所です。。農家の人が直接売っているまたは、農家から直接仕入れた卸業者が販売しています。この市場で販売するにはお金を払う必要があるのですが、農家としては業者に売るよりも遥かに儲けがでるので、農家の人が直接売っているケースもあります。ぼくの嫁の実家もここで農作物を販売しています。

ごみごみしている感じだけど、アジアのこういう雰囲気が好きな人は楽しめます。

 

ぼくもお手伝いで販売していたことがあります。

 

ちなみに、田舎にいけばいくほど、この市場の周りで座り込んで販売していたり、車を止めて販売している人がいますが、これは市場へ値段を払わないで売っているので市場よりさらに価格が安いです。

メリット

農作物が新鮮&安い!!

 

にゃも
にゃも
スーパーに比べたら圧倒的に新鮮だね

 

台湾嫁
台湾嫁
わたしの家でも採れた野菜はほぼ2日以内に全て市場で売るわよ

デメリット

農薬などの検査を行っていないので、基準以上の農薬を使われていても消費者はわかりません。

 

ぶっちゃけ、儲けられればどんな手段をしても構わないという農家が一定数います。。。例えば農薬をどれだけ使っても、見た目さえよければよいとかそういう方もいます。

ぼくは台湾で農業の会社を半年運営したので、いろんな農家&卸業者を見てきました。

 

にゃも
にゃも
とは言っても、スーパーで並んでいる物のよりも圧倒的に新鮮なのは大きな魅力だね

 

台湾嫁
台湾嫁
あともう一つのデメリットとして、マーケットは朝と夕方しか空いてないわよ

台湾のスーパーマーケット全聯福利中心(PX MART)

(台湾で有名なスーパーマーケット全聯福利中心)

他の国と同じですね。一年を通じてどんな野菜でも手に入ります。だけど、伝統市場よりも種類が少ないですね。

びっくりするのはアメリカ産の野菜・肉が多いこと。別にアメリカ産を信じていないということではないのですが、輸入品の多さにビックリします。。。

(牛肉>鶏肉>豚肉の順で外国産が多い※主にアメリカ産)

(カレーや鍋などの日本製品はとても多い)

にゃも
にゃも
日本人ならわかると思うけど、日本語で書いてあっても日本の製品じゃないものはたくさんあるよ

 

台湾嫁
台湾嫁
えぇ!このゴマドレッシング全然味が違うと思ったら、日本の製品じゃないのね!!

 

こういうことは結構ざらにあります・・・。

カレーを作る材料で伝統市場とスーパーマーケットの値段を比べてみた

(4人家族分のカレーの材料をそれぞれ購入)

 

伝統市場 合計:250元(約920円)
スーパーマーケット 合計:304元(約1120円)

 

伝統市場内訳:

玉ねぎ 10元×3

じゃがいも 12元×3

にんじん 10元

豚肉 75元(400g)

カレールー 99元

スーパーマーケット内訳:

玉ねぎ 39元

じゃがいも 12元×3

にんじん 10元

豚肉 120元(400g)

カレールー 99元

 

にゃも
にゃも
なるほど、伝統市場の方が少し安くなったね

 

台湾嫁
台湾嫁
やっぱり家計を節約するには伝統市場なのね!

 

台湾の現地情報をフォロー

 

こちらもどうぞ。

 

あわせて読みたい
台湾はアジアの肥満大国!?デブが多いのを裏付ける3つの理由。こんにちは台湾にゃも(@Shohei192)です。 台湾と言えば、台湾美女。 手足が長くてすらっとしている子...

 

あわせて読みたい
台湾のシェアリングエコノミー・キャッシュレスエコノミー【2018年台湾在住歴3年が語ります】台湾のど田舎から(彰化の埔心)から台中の西屯区に引っ越してきて、一気に未来に来たような気持ちになっています。 台湾のド田舎埔心の場...

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。ちょっとでもためになったな、共感したなという方はポチッとお願いします^^