留学・ワーホリ

セブ島留学へ視察に行って来た【学校の特色・選び方】

にゃも
にゃも
セブ島留学って学校同士にどんな違いがあるの?

セブ島留学行きたいのだけど、どうやって学校を選べばいいの?

親子留学を提供している語学学校もあるの?

 

今回は、上記のようなお悩みについて回答したいと思います。

 

結論から言うと、各学校には特色があります。ホームページを入念に調べたり、留学エージェントに相談する等して自分に合っている所を選びましょう。

 

セブ島の語学学校に突撃。各経営者の方から特色をしっかりと聞いてきました。

インスタで「セブ島留学」を調べた時の写真

「セブ島留学」と聞いてどんなイメージが思い浮かぶでしょうか?

 

  • 格安で英語が勉強できる
  • スパルタで短期間で成果を上げる事ができる
  • 南の島でバカンスも味わいつつ英語勉強
  • 学生の頃の青春をもう一度!
  • 他の国籍の人達と異文化交流

 

にゃも
にゃも
こんな感じかなと思います。

 

これらは全て正解です。しかし、上記全てがどの語学学校に当てはまる訳ではありません。

 

にゃも
にゃも
そこで、今回はぼくが訪問した3つの学校の特色を紹介していきます。

圧倒的成果主義。サウスピーク

本気英語サウスピークサウスピークさんフロント

今回はサウスピーク代表の丸山さんにお話しさせて頂きました。

サウスピーク代表丸山さんサウスピーク代表丸山さん

 

結論から言うと・・・、英語(TOEICの点数)の向上のためにしっかりと計算尽くされたカリキュラム・講師陣・環境が揃っている学校でした。

 

にゃも
にゃも
代表の丸山さんが言っていた事は以下の点。

 

  1. 留学は「英語を伸ばす」のが最大の目的
  2. 就職・転職で「TOEICの点数が尖っていれば」他の候補者と差別化できる
  3. 「勉強の方法」からしっかり学習する

英語系YouTuberのマキコさんと丸山さんの対談でも同じ話が出ていたので詳しく知りたい方は以下の動画がおすすめです。

 

 

サウスピークさんについてツイートすると、そのスパルタぶりを垣間見る返信がありました。

 

にゃも
にゃも
ツイートの反響も「英語学習に集中できる環境」があると有名でした。

 

実際に生徒のTOEICの点数上昇が数値化されています。また、スピーキングなども含めたTOFELの対策もできる学校です。

 

詳しくは以下に載っています。

 

王道のセブ島留学。ターゲット(TARGET)

ターゲットさんでは、代表の石原さんとお話しさせて頂きました。

ターゲット代表石原さんターゲット代表石原さん

石原さんが運営するターゲットが大切にされているポイントは以下です。

  1. 「英語勉強」も「留学」も両方楽しんで欲しい。海外で他国籍の人と話して発見する新しい気付きなどがある
  2. 勉強を詰め込み過ぎない。カリキュラムの工夫・講師陣の質をアップして効率的に学ぶ
  3. 美味しい食事・設備(冷房)など滞在時のストレスを出来る限り減らす努力

他のインタビュー記事にも上記のポイントが書かれている記事がいくつかありました。

「TARGETではネイティブレベルの英語力はつきません」

TARGET(ターゲット)

 

にゃも
にゃも
じゃあ、英語の教育の質もそこそこなのかな?

 

と、思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

 

ターゲットには、日本でエグゼクティブ専用TOEICスクール・英語系専門学校で英語講師をしていた方々が、カリキュラムを作っています。

 

どのような勉強方法があっているのか日本人に合わせて作られています。

 

実際に以下のようにツイートされています。(以下はもう一つの学校Four Word)

そして「英語勉強」・「留学」両方楽しもう!という信念は以下のツイートから溢れているなぁと感じました。

セブ留学を本気で楽しみたいし、勉強もしたい!という方にとって、ターゲットは非常にいい場所だと思います。

 

旅人・親子留学のクロスロード

クロスロード代表タクさんクロスロードの前で集合写真

クロスロードさんでは、代表のタクさんとお話ししました。

クロスロードタクさんクロスロードタクさん

クロスロードさんでは英語の勉強の他に、親子留学・海外就職にも力を入れています。

 

実は友達の夫婦を紹介して、現在長期滞在に向けてテスト滞在中です。

にゃも
にゃも
移住を真剣に検討するため、再度セブに来るのは満足度が高い証拠。

 

また代表のタクさんは東南アジアを周りながら、「日本人の海外就職の可能性」について最新の情報を仕入れようと努力していらっしゃいます。

また、お2人が世界一周をしたという経験からこの学校を設立しているので、そういった旅が好きな人達が自然と集まって来ています。

にゃも
にゃも
そんなぼくも世界一周した人。

 

そんなクロスロードには、英語の勉強を始め、将来世界を旅してみたい!、新しい事に挑戦してみたい!という人たちが引き寄せられる場所のように感じました。

 

スポンサードサーチ

 

セブ島留学へ視察(学校の特色・選び方)のまとめ

セブ島留学と言っても、今回説明したように学校ごとに様々な特色があります。

 

そのため、まずは「セブ島留学」になぜ行きたいのか自分に問いかける事が重要です。

  1. とにかくTOEICの点数を短期間でスパルタで上げたい
  2. 英語の勉強をして、他の国籍の人との異文化交流も大事にしたい
  3. 海外に目を向けている人達と勉強したい
  4. 平日は勉強に全力!休日は遊びに全力!

上記は、ぼくが考えるセブ島留学のニーズのいくつかです。セブ島には多くの学校があるので、あなたにピッタリの学校が必ずあるはず。

 

だからこそ、語学学校や留学エージェントを決める際には、しっかりと親身になって相談してくれる所を選びましょう。

もしも、やり取りをしていて、「いい加減だな」とか「この対応大丈夫?」みたいな違和感を感じたらすぐに他のエージェントや語学学校に相談する事をおすすめします。

人の違和感・直感はこういう時は、正しい事が多いです。

「なんか変だな」というフィーリングを大事にしましょう。

この記事を読んだ皆さんがセブ島留学を大いに楽しんでより良い人生を歩める事を祈っています。

今回紹介した学校と代表Twitterアカウント

サウスピーク

公式ホームページ

代表Twitter @maru_yohei

ターゲット

公式ホームページ

代表Twitter @Tomoyuki_TARGET

クロスロード

公式ホームページ

代表Twitter @tokamoto1979

ABOUT ME
アバター
にゃも
日本の日常生活に疑問を持っている人たちへ! 海外・台湾(台中)についての情報発信中! 1985年生まれ東京出身。 青山学院大学卒。RICOH→オーストラリアの現地企業→世界一周→Amazon Japan→カナダ現地企業→台湾人と国際結婚→台湾移住→フリーランス&起業家。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)