ワーホリ・留学

海外で働きたい日本人美容師は真剣に需要があると思う。【複数の回答あり】

以下のツイートをしたところ世界の各国から反応がありました。

 

 

今回は、日本人の美容師の需要そして、日本人の職人たちが世界で活躍できる理由について書いていきます。

日本人美容師は海外にて重要がある。

大都市ではすでに日本人美容師がある程度いますが、正直、日本人の数に対して絶対足りていないです。ではどれだけ足りていないかについて数字で表してみようと思います。

都市 人口 日本人美容院の数
東京 約1,000万人 約29,000軒
台中 約2500人 約3軒

 

ほらね?日本の方が飽和しているよね?

 

実際、ツイートしたところこんな反応がありました。

スポンサードサーチ

 

日本人美容師の日本での現状

日本人美容師は、日本で

 

メッチャ消耗してます・・・。

 

実際、日本に行って髪を切ってもらうたびに、美容師さんからは仕事が大変と聞くので間違いではないでしょうね。

いい動画があったので載せておきます。

 

 

日本人美容師の技術は素晴らしい

日本人美容師の技術は素晴らしすぎます。

台湾も色々と真似をしていますが、体感値で15年以上の差が開いています。いや、もっと開いているかもしれません。

現実はこちら。

海外で日本人美容院いかないと失敗するよ【台湾編写真付き】海外の美容院(ヘアサロン)をした経験がある人はご存知かと思いますが、ローカル美容院で髪の毛を切ってもらっても日本人が思っているような髪型にしてくれることはほぼ不可能です。特に日本人は他の国の人に比べても細かな部分を非常に気にします。また、日本の美容師の技術は世界でダントツトップレベルなので、それをローカルの美容院に求めることは不可能です。...

 

また、日本の細かな作業における技術は世界に誇れます。

 


建築技術、家具なども日本は他の国を圧倒しているなぁ・・・と、思っています。

 

実際、カナダとかでカーペンターの仕事の求人は何度もみましたし。

引用:人材CANADA

 

友人が台湾で家具を製造する仕事をしてますが、クオリティチェックは日本人です。

 

 

ぼくはオーストラリアで日本食レストランの人材派遣をしていましたが、日本人の

 

日本酒(ワイン)ソムリエ

 

寿司職人

 

パティシエ

 

料理人

 

あたりは需要が半端なくて、喉から手が出るほど欲しい人材だったし、需要はあります。

日本の料理人ってホント素晴らしいんですよ・・・。(語彙が足らなくてすみませんw)

 

 

スポンサードサーチ

 

日本での働く環境に疲れたら海外でちゃえば?

例えば、美容師の場合だと、海外での勤務時間は8時間です。お店は7~8時に閉まるのが普通です。

 

日本の美容室って夜遅くまで開いてますよね?しかも、12時間~労働が当たり前の世界。

 

実際サラッと探すだけでも求人はありますし、行ってみれば可能性が開ける可能性は大です。技術職なので、ビザも比較的簡単におりますよ。ぼくの友達もそれでバンクーバーに移民しましたし。

オーストラリアのシドニーで行ってたところは・・・Kayo Japanese Hair Design

カナダで行っていたところは・・・air hair salon

どちらも求人のページがありますね。

 

ぼくの友達はオーストラリアにワーホリに行って2人ほど、ネイルサロンで起業しました。一人は拠点をタイに移して、さらに成功していますし、もう一人もオーストリアで固定客を見つけて、子どもができたあともそれを仕事にしています。

 

正直言って、日本の職人は海外でブルーオーシャンです。

 

日本の社会で消耗しているようなら、ワーホリとってサクッと挑戦してみると、海外でやっていくのが難しいって思わなくなりますよ。

 

【海外に出ようと考えた人へ】ワーホリ・留学におすすめの年齢はない留学・ワーホリに関する情報を発信している、にゃも(@Shohei192)です。 ワーホリの仕事探しに関するブログを更新したところ、...

 

【海外に興味を持ち始めたあなたへ】まずは自分の目標を決めよう。こんにちは、ワーホリ2カ国、フィリピン留学経験者のにゃも(@Shohei192)です。 なんとな~く、海外に住んでみたいと思ったと...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA