世界旅行

ロストバゲージとは?どれくらいで起こるの?保険は?【海外旅行前に知っとくべきくこと】

読者
読者
ロストバゲージってなに?起こったときにどうすればいいの?保険は適用になるの?

 

そういった疑問にお答えします。

 

ぼくは45カ国以上、1年半年の海外旅行を得て、ロストバゲージについて自分なりの最適解を見つけましたので参考になれば幸いです。

 

台湾嫁
台湾嫁
それではどうぞ~

ロストバゲージとは

ぼくの世界一周旅行時の荷物7kg

ロストバゲージとは、預け入れした荷物があなたの目的地に到着しないことを指します。戻ってくるときもあれば、結局どこに行ってしまったのかわからず一生戻ってこないケースもあります。

色々なサイトを参考にしてみましたが、データによると1000人につき約6人程度の人がロストバゲージを経験しているそうです。約0.6%ですね。

参考:USA TODAY

参考:TRAVEL+LEISURE

参考:SITA

調べた内容によると、47%のロストバゲージはトランジットを経由したときに起こるのだそう。

にゃも
にゃも
つまりロストバゲージの約半分はトランジット時に起こる!

 

2017年の情報だけど、10年前よりも70%もロストバゲージが少なくなっているのだとか。

 

台湾嫁
台湾嫁
ITの発達のおかげね

 

こんなにデータが出ているけど、周りにはロストバゲージしている人が多くて体感値だと5%~10%くらいあります。。。

にゃも
にゃも
貴重品は預け入れ荷物に入れない方がいいね

 

スポンサードサーチ

 

ロストバゲージが起こったら

ロストバゲージが起こったら、すぐに空港職員に相談し、航空会社に問い合わせてもらう必要があります。

とりあえず、ホテルに行ったりしてしまうと、後々面倒なことになりますので、すぐにロストバゲージカウンターへ行きましょう。

後はスタッフの指示どおりにして、連絡を待つのみです。

万が一戻ってこない場合ですが、海外保険に事前に入っておけば請求ができます。

ロストバゲージの対策

荷物5kgのみでカナダにワーホリに行った

結局、ロストバゲージは航空会社の過失なので、自分でコントロールすることができません。

特に、旅程がきつきつだった場合、荷物を待っている暇もないかもしれません。

だからぼくは預け入れは絶対にしません。

LCCであれば、7kgしか荷物が詰め込めませんが、正直7kgあれば世界一周旅行ができます。

実際、ぼくは7kgで世界一周しましたし、周りの友達にもしている人は何人かいました。

預け入れをしないメリットは以下の通り

✔ロストバゲージの可能性が0

✔入国審査を誰よりも早く済ませることができる

✔旅行時に荷物が少ないので自由に行動できる

✔万が一のときに走ることができる※海外では公共交通機関が時間どおりに動いていないため、ダッシュしなければならないことがよくあります

✔空港からホテルに行く前に観光ができる※預け入れ荷物を持って市内を周ったりするのは現実的に難しい

にゃも
にゃも
海外に長期滞在の場合は、住所が確定してから家族や友達に荷物を送ってもらうようにしているよ
台湾嫁
台湾嫁
EMSを利用すれば荷物がトラッキングされるし、サイズによりけりだけど1万円で届けてくれるので必要経費だと思っているわ
バックパックと一緒に中国で山に登るふたり

リツイートされたロストバゲージの体験談一覧【12件】

にゃも
にゃも
本当に0.6%なのかなぁ・・・
台湾嫁
台湾嫁
ロスバ体験多すぎ!

おもしろいコメントはこちら。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA