留学・ワーホリ

【英語力じゃない】元採用担当が語る、ワーホリが仕事探しに知るべき3つのこと

こんにちは、オーストラリアとカナダでワーホリをしていたにゃも(@Shohei192)です。

・ワーホリ行って、すぐ仕事見つかるのかな?
・いい仕事を見つけるにはどうしたらいいの?

という疑問をお持ちではありませんか?

ぼくは、オーストラリアで人材派遣に関わってきましたし、カナダで働いていたときも採用条件について上司とよく話していました。

そこで、この記事ではワーホリの仕事探しについて、人材派遣会社で働いていたぼくの経験から、3つの注意点を紹介します!

3分くらいで読めますし、この3つを守るだけで採用率はぐんとあがるので、まずはご一読を!

ビザの残存期間は長いほうが圧倒的に有利

採用担当が一番最初に見るポイントはビザの残存期間です。

基本的に、仕事を始めてちゃんと働けるようになるまでに3ヶ月程度かかります。

 

台湾嫁
台湾嫁
どんなバイトでも慣れるのにそれくらいかかるわね

 

だから、採用する側はできる限り、ビザが残っている人を採用します。

最初の3ヶ月語学学校に行って、その後にアルバイト探す人はあまり採用したくありません。既に9ヶ月しか働ける期間が残っていません。また、そういう人に限って、最後の1~2ヶ月は旅行したいというケースが多いので、その場合、7ヶ月。採用する側としてはやっと3ヶ月かけて育てたのに、しっかり働ける期間が4ヶ月しかないということになりかねません。

ですから、ワーキングホリデーに来た瞬間仕事を探す人は非常に採用確率が高くなります

 

にゃも
にゃも
これ知らない人が多いけど、一番重要だよ 

 

スポンサードサーチ

 

キレイなレジュメ(履歴書)を持ってくる

採用担当者は毎日のようにレジュメを見ています。ですから、デザインがキレイで、わかりやすくまとまっている人を選びます。

英語が間違っているのもNGです。ぼくの経験的にちゃんとネイティブに添削してもらって持ってくる人は、細かいことに気が使える子です。

雑な履歴書を出してくる人は、仕事も雑な可能性があるので、よほど特別な能力が無い限り進んで採用はしません。

にゃも
にゃも
周りの力を借りて、ちゃんとした履歴書を作ることが大事だよ

 

熱意がある人や企業調査をする人は評価が高い

面接するときに、「ホームページを見てきました。」「企業の理念に共感できるので働きたいと思いました。」と言ってくる人は働いた後のミスマッチが少ないので積極的にとります。

逆に言うと、「どこでもいいから採用してくれ!」って思っている人には、あなたを「労働力」としか思っていない企業しか採用してくれません。「人材」を採用したいと思っている会社はちゃんとマッチングを見ています。

だから、あなたが、少しでも意味のある仕事をしたいと感じているのであれば、相手の事をよく調べて自分にあっているのかどうか考えるのが、いい仕事を探す近道です。

台湾嫁
台湾嫁
私はずっと、日本食レストランで働いてきたけど、働きたいなと思うレストランにしか応募しなかったわよ

(プロのウエイトレスとして、日本食料理店で働いていた嫁。給料は$4000以上あった…。)

海外行くのにどれくらいの英語力が必要なの?こんにちはにゃも(@Shohei192)です。 海外に行くのにどれくらいの英語力が必要なの? 英語しゃべれないから、日本で勉...

スポンサードサーチ

 

まとめ

ワーキングホリデーだとしても仕事をする以上、採用担当はいい人を採用したいと考えています。沢山の応募の中から選ばれるため、いい企業で働くために以下の3つを守れば採用率は大幅にアップします。

  • ビザが最大限に残っているうちから働く場所を探す
  • 履歴書を見やすく書く(ネイティブにレビューしてもらう)
  • ホームページを見て、企業調査をする

 

ワーキングホリデーの情報をもっと知りたいからフォローする

 

ワーホリで英語もしゃべれないぼくにオーストラリアで仕事を紹介してもらった話こんにちは!にゃも(@Shohei192)です。 前回は、英語が全くしゃべれなくてもコミュニケーション能力で生きていける話を書きま...

 

ABOUT ME
アバター
にゃも
日本の日常生活に疑問を持っている人たちへ! 海外・台湾(台中)についての情報発信中! 1985年生まれ東京出身。 青山学院大学卒。RICOH→オーストラリアの現地企業→世界一周→Amazon Japan→カナダ現地企業→台湾人と国際結婚→台湾移住→フリーランス&起業家。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA