海外旅行

ぼくがタバコを辞められたわけ【オーストラリアで禁煙成功】

にゃも
にゃも
 正直に告白すると、ぼくは禁煙を何度も諦めていたサラリーマンです

 

禁煙成功と思いきや、ストレスがトリガーになってまたスモーカーに逆戻り。典型的なタバコをやめられない人でした。

 

 

そんなぼくがタバコをやめられたのは環境を変えたから・・・

 

 

海外(オーストラリア)に出たから、タバコをやめられました!!!!

 

にゃも
にゃも
感謝でしかない!
台湾嫁
台湾嫁
わたしタバコ大嫌いだから止められてよかったね~

 

ここで今回は、オーストラリアに行ったぼくが、なぜタバコを辞められたかについて書いていきます。

 

ヘビースモーカーだったサラリーマン時代

改めて見てみると、周りの友達はほぼ100%喫煙者だった。類は友を呼ぶですね。スロットに行くときも、居酒屋もカラオケも必ずタバコの匂いがするから、そこで辞めるというのは無理ゲーだった。

さらに、仕事はストレスの宝庫だったので、ぼくの営業車のタバコの灰皿は常にタバコでパンパン・・・。

禁煙が何ヶ月か続いたりすることもあったけど、結局ストレスがトリガーとなって喫煙者に戻る始末。。。

 

言い訳だけど、環境が良くなかった・・・。

 

オーストラリアでタバコを辞められた3つの理由

①屋内(バーやレストラン)でタバコが吸えない

オーストラリアでは屋内での禁煙が徹底しています。どんなにスモーカーが集まるところであっても絶対に禁煙です。かつ、タバコを吸う場所も外の限られた場所。

お店の入り口で吸えるところもありますが、ないところもたくさんあります。

だから、タバコの匂いをかいでフラッシュバック現象が起こる可能性が低いです。

外を歩いていてもタバコの匂いを感じることはほぼなく、基本的には非喫煙者がタバコの煙を吸うのが最小限に留められています。

②タバコの値段が超高い

オーストラリアに行って驚いたのがタバコの金額。2015年についに1本あたり1AUD突破しています。1パック約2000円くらいします。

画像引用:Tabacco in Australia Facts & Issues

Craven AとWinfieldが有名なオーストラリアの銘柄です。

2018年の9月のニュースですが、世界で一番高い国としてニュースでも取り上げられています。マルボロの1パックが27AUD(約2,200円)かかると報道されています。

画像引用:Colin Mendelsohn writes: Tobacco tax rise exploits and punishes addicted smokers

 

そして、この金額は年々上昇する予定であり、2020年までに3000円の壁を突破します!

 

にゃも
にゃも
市民の嗜好品の粋を越えている・・・

 

さすがに、1日1箱吸う人が毎日タバコで3000円、1ヶ月で90,000円ってちょっと一般人には無理ですよね。。。

③箱のデザインがグロテスク

このようにオーストラリアでは、タバコのパッケージがグロテスクかつタバコの会社のロゴを表示するのが禁止されています。だから、文字を読まないとそれがマルボロなのか他のブランドかわからないw

これは効果があるようでして、日本人のスモーカーもタバコ吸う気なくすと言っていました。

おまけ:オーストラリアと日本の喫煙率の比較

オーストラリア人の喫煙率は男性が16.9%、女性が12.1%です。

参考:Australian Government The Department of Health “Smoking prevalence rates”

日本人の喫煙率は男性が27.8%、女性が8.7%です。

参考:全体喫煙率は17.9%、JTが最新喫煙率を発表

日本人男性の喫煙率はオーストラリア男性よりも10%以上高いという結果になっています。たしかに吸っている人は少なかった印象です。

なので、タバコを吸いに行こう~みたいな雰囲気になりません。ヤニ友がいないんですよねw

ぼくがタバコを辞められたわけ。まとめ

タバコを辞めてご飯が美味しくなった

ぼくはオーストラリアに渡航することで、タバコを断ち切ることできました。

 

\理由は以下の通り/

  1. 屋内(バーやレストラン)でタバコが吸えない
  2. タバコの値段が超高い
  3. 箱のデザインがグロテスク

日本ではストレスが多い社会だし、男性は喫煙者多めだし、タバコを吸いたくなる状況が揃っています。そのため、中々断ち切るのが難しいと思います。

しかし、海外に行ってタバコを吸いづらい環境に身を置けば、ぼくのように簡単に禁煙できる人もいます。だから、ぼくが言いたいことは・・・

 

環境はとても大事!

 

ということです。

ぼくは、オーストラリアでニコチンパッチも使ったわけでもなく、禁煙セラピー的なことも全くやっていません。ただ、環境を変えただけです。

自分を変えたいなら、環境を変えることが一番で、それを一瞬で変えられるのが、ワーホリや留学です。

世界一周旅行に行きたくなる。おすすめの本を紹介!【シチュエーション別厳選15冊】世界一周もポピュラーのバックパッカースタイルから、セレブなビジネスクラス・ファーストクラス旅行もあります。更に難易度が高い、自転車・バイク・ヨットの体験談に関する本も紹介しました。ぼくは世界一周を本を読んで決意して、それを達成した時の感動は表現しがたかったので、是非一人でも多くこの感動を共有できる人が増えて欲しいと思っています。...

一度海外に飛び出してみると、禁煙・禁酒・ベジタリアンになるなど、食事や習慣に変化がおきる人が多く、新しい自分が発見できます!

だから、海外に住むことは英語を学ぶ以外にも思いもよらないメリットに出会うこともあるというのを覚えておいてください♪

 

【高額】海外治験をイギリス・アメリカで体験【メリットやデメリットや事実を完全公開】海外で治験ができるというのを聞いた事はあるでしょうか?有名な所だと、アメリカとイギリスが挙げられます。ここでは実際に、治験を体験したぼくが、メリットとデメリットについて語っていきます。高額の報酬に興味がある人は必見です。...

 

 

台湾留学・中国語勉強で悩んでいませんか?

  1. 中国語(簡体字)が100本の動画でスキマ時間に勉強可能
  2. 質問は永年無制限
  3. 中国語の勉強方法がわからない初心者向け

 

  1. 台湾華語(繁体字)を1レッスン(55分)80回(3ヵ月)で勉強
  2. 全講義の録画データを配布(欠席しても自主学習可能)
  3. 四声・ピンインがわからない初心者向け

 

  1. 台湾華語(繁体字)を1レッスン(55分)80回(3ヵ月)で勉強
  2. 全講義の録画データを配布(欠席しても自主学習可能)
  3. もっと深い話ができるようになりたい中級者向け講座

 

  1. 中国語(簡体字・繁体字)を1対1でレッスン
  2. 日本人講師が多数在籍
  3. 経験のある講師達を厳選採用
ABOUT ME
アバター
にゃも
日本の日常生活に疑問を持っている人たちへ! 海外・台湾(台中)についての情報発信中! 1985年生まれ東京出身。 青山学院大学卒。RICOH→オーストラリアの現地企業→世界一周→Amazon Japan→カナダ現地企業→台湾人と国際結婚→台湾移住→フリーランス&起業家。

POSTED COMMENT

  1. アバター NoName より:

    結局自分の意思では辞められずじまいだった薄弱さを晒しているだけとも受け取れますね。
    煙草を止めるためだけに海外に行くのは非現実的ですから。禁煙は副産物として得られただけではないのでしょうか。

    • アバター にゃも より:

      はい。禁煙するために海外行くというのは非効率です。私が伝えたかった事は、環境さえ変われば悪習も変えられるという事を伝えたかっただけです。そこの部分がもっと伝わるように記事を書き直しますね。コメントありがとうございました。

  2. アバター 名無しさん より:

    やっぱし営業職や接客業とかストレスフルな職場も喫煙率高くなりますよね。転職や部署移動でそっからexitしちゃうのが手っ取り早いかもw
    自分の向き不向きやストレス耐性はハロワで本格検査できますからねえ

    • アバター にゃも より:

      本当にそう思います。飲酒も喫煙もストレスがトリガーになることが多いのは、周りや過去の自分を見ても明らかです。快適な環境に居れば必然と悪い習慣はなくなるかもしれないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)