友達企画

愛のある夏祭り企画をして集まったアイデアの数々が半端ない

こんにちは、にゃも(@Shohei192)です。

 

残念なお知らせです。

ブログのスポンサーしたいと申し出たのにも関わらず・・・・

にゃも
にゃも
スポンサー契約を断られました。

 

しかも相手はブログ開設1ヶ月目です。

スポンサーを断わった粋のある記事はこちら↓


これから下は「愛のある夏祭り企画」を読んだ前提で話を進めます。

様々な角度からいただいた意見

 


まず一言いいたい。

女子の妄想力半端なくね?(応募のほとんどが女性)

そして、超真剣に考えてくれている!!!

昨日までちゃらんぽらんな気持ちがひきしまりました。

 

スポンサードサーチ

 

この企画をやって思い出したこと

ぼくは昔、サプライズが好きだった。

過去形になっているのには理由がある。

 

ぼくは、友達や彼女に沢山サプライズをした。

ある日、彼女の家に忍び込んで、薄型の映画用テレビを設置して、テレビを設置したよりも合鍵を使って黙って家に忍び込んだことに怒られたり

女友達にサプライズしようとして、その女の子の友達を全員銀座のホテルの一室に集めた
そして、その女友達と2人でご飯を食べに行って、「サプライズがあるから」と言って、お店を出てからその女友達に目をつぶってもらった。
手を引っ張って、ホテルまで誘導したのだが、うっかりホテルのロビーで目を開けられダッシュで逃げられたり

とまぁ、思い出すだけで色々出てくるー・・・。

 

しかし、残念かな。自分がサプライズされたとき本当にサプライズしたことがない

妙な違和感にすぐ気付いてしまうのだ。

(もっとうまくやってくれ!!!)

と、心の中で叫んだ回数は数知れない。

自分のサプライズさせようという意気込み >>>>> 周りの友達のサプライズのクオリティ

というギャップを知れば知るほど、サプライズはもういいやと思うようになっていた。

しかし、今回このチャンスをもらったのだから

にゃも
にゃも
自分が今できる本気を出して、嫁を喜ばし、マジでサプライズさせる!!!

 

そういう訳でこの企画に引き続きStay tunedでお願いします。