フリーランス

【現役フリーランスが語る】フリーランスはどこから仕事を探すの!?

こんにちは、にゃも(@Shohei192)です。

 

予想以上にツイートにいいねをもらったので、フリーランスになってからの自分の仕事の探し方について話していきたいと思う。

 

フリーランスとして今後独立して行きたいなぁ・・・と、漠然と思っている人にとって、どうやって仕事を受注していくかについて少しでもイメージしてもらいたいと思ってこの記事を書きました。

なぜこのツイートがたくさんのいいねをもらったか

1.【共感】フリーランスにとって出会いは大事

にゃも
にゃも
やっぱり出会いは大切だって思っている人がいるってことだね

2.【感嘆】偶然出会った人から仕事をもらうってすごい!

台湾嫁
台湾嫁
普通なかなか、出会った人から仕事なんかもらえないわよ~

 

スポンサードサーチ

 

見知らぬ人から仕事をもらうのは難しいことではない

(実際に仕事をもらったバー)

実際、ぼくの場合は翻訳業、日本⇔台湾をつなぐ案件であれば、なんでも飛びつける用意ができている。

 

例えば・・・・

・日系企業の台湾支店の登記

・日系企業の台湾進出のパートナー探し

・台湾での販路拡大

・商品の輸入・輸出

 

にゃも
にゃも
だけど、引き受けてこんな失敗したこともあるよ

 

フリーランスの失敗談 こんにちは、フリーランスのにゃも(@Shohei192)です。 今回これを記事にしようと思った理由は、自分でつぶやいたこの...

 

フリーランス打ち合わせ時の服装ってどうするの? こんにちはにゃも(@Shohei192)です。 今回このブログにこの話題を記事にしようと思ったのはいいねをもらったこのツイ...

 

個人的には、ツイッターでガンガン発言できていたり、ブログのスポンサー企画でもうまく食いついて行ける人たちはフリーランスとしても成功していけるはず。

だけど、チャンスがあるのにも関わらず、アクションが起こせていなかったり、いざ自分を売りにいかなければならないときに、うまくセールスポイントを説明できないと、せっかくの実力があってもチャンスを逃してしまうよ。

 

にゃも
にゃも
こっからはぼくが実際に過去に仕事をもらった例をあげるね

フリーランスとしてお仕事をもらった例

例1. 友達のお父さんと飲んでいるときにお仕事をくれた

毎年一緒に飲んでいる友人のお父さんは退職して、中小企業のコンサルタントとして働いている。

しかも、アジア各国に進出する企業のサポート役。お寿司屋さんでその話をしていると、台湾への進出企業があれば、全部話しを持っていくという約束になった。

信頼してくれたポイントとしては、有名大学卒業&一部上場企業に勤めていたことが大きい。(毎回、紹介してもらうときに大学名と企業名を出される。中小企業の社長さんを説得させるには有効!?)また、企業に勤めていたときの営業成績(同期1位)も知っているので、紹介するときにアピールしやすいようだ。

 

にゃも
にゃも
そのパパはいつでも稼いでいる。やはり稼いでいる人の周りには仕事がある…。

 

例2. 友達のお父さんから紹介してもらったコンサルタント

上記のお父さんから紹介してもらった台湾進出案件を進めている中で、シンガポールのコンサルタントを紹介してもらった。実はその人も日本の商品の海外販路の拡大を仕事にしている人だった。

スカイプで会話し、意気投合。すぐに案件をいただけることになった。

 

台湾嫁
台湾嫁
国をまたいだ案件は英語能力はあると便利ね!

例3. 居酒屋の店主からメニュー翻訳の依頼

日本に一時帰国したときに、居酒屋で友達と2人で飲んでいて、店主と話をしたところ、最近外国人観光客が増えてきてメニューの英語と中国語版が欲しいという話をしていた。「翻訳できますよ~。」と、答えるとすぐに発注してくれた。

 

にゃも
にゃも
営業のとき相手の困っていることを聞き出すのが得意だったから、それが今も役にたっているよ

 

例4. ツイッターでライター案件を紹介してもらった

[email protected]社長株本祐己(かぶもとゆうき)さんの案件を紹介してもらって、ホスト案件のライター業を継続的にもらっている。

ライター業は素人だったが、おかげでライターのいろはを教えてもらって、さらに仕事ももらえて、めちゃくちゃハッピーである。

 

にゃも
にゃも
元ホストでライターできる人は希少だった説!

 

例5. バンクーバーの友達から台湾にアウトソーシング依頼

バンクーバーで知り合ったフリーランスの写真家の友達が、仕事が多すぎて回らないと、電話で話をしていた。

 

にゃも
にゃも
フォトショップのリタッチであれば、台湾人に任せれば、早い、かつ安く仕上がるんじゃないの?

 

という提案で、見事彼の仕事を台湾にアウトソーシング(外注)することになった。

アウトソーシング先は、ぼくの結婚記念の写真をとってくれたフリーランスの写真家だ。

(この写真を撮ってくれたフリーランスのフォトグラファー)

ぼくは、クオリティ・コントロールとしてプロジェクトの管理をしている。

 

台湾嫁
台湾嫁
この件はわたしも沢山手伝ったわよ~~~

スポンサードサーチ

 

フリーランスの仕事の探し方まとめ

こうやって列挙してみると、ぼくの仕事は人との繋がりで生まれている。

実際、いつも偶然出会った人と楽しく話をしながら、「一緒に仕事ができる分野はないかなぁ~。」と頭の片隅で思っている。

だから、フリーランスとして独立するまでに、

出会い 👉 楽しく会話 👉 仕事の話

という流れを作るのがうまくなると、非常に強い武器となる!

そこで、大事なのが・・・

  1. 自分の武器を知って、チャンスが来たらアピールする能力を身につける
  2. コミュニケーション能力で話を広げる&悩みを聞く
  3. 企画や提案力を身につける
  4. 仕事を沢山している人、稼いでいると出会う

 

にゃも
にゃも
まずは1個でも自分で案件を受注してみると、必ず次に繋がる何かが手に入るよ

 

台湾嫁
台湾嫁
わたしも出会いから仕事を増やしていくわよ~

 

こちらもどうぞ。

 

【悩めるサラリーマンへ】35歳から始める戦略的人生計画こんにちは、にゃも(@Shohei192)です。 急な質問になりますが、「35歳になっても、今までの人生戦略がこのまま通用する。」...

 

【在宅でばれずに副業したい人必見】副業したかったら○○しろ日本企業で副業解禁という動きが広がってきていますね~! 新生銀行、ユニ・チャームなどが相次ぎ「解禁」しているそうな! 出...

 

サラリーマン人生で学んだこと。「挑戦したことない人の意見は聞くな」 こんにちはにゃもです。 イケハヤさんのこのツイートに共感したので、自分の体験も含めて書いていきます。 そりゃ...

 

フリーランスの生き方をフォロー