未分類

頭の良さは先天性それとも後天性??

 

 

頭の良さって、どうやって決まるのでしょう。。。

にゃも
にゃも
だれもが気になるところだね
台湾嫁
台湾嫁
私は生まれつきと思ってる派よ

 

学生時代は授業を全く聞かず、ずっとゲームボーイとコミックばっかり読んでたぼく(@Shohei192)が語ります。

本を読んで調べてみた

IQが高いというのは抽象度が高いということ。

一言で言うと、「経験」や「知恵」を、活かせる能力

例えば、「中国思想家の教え」を論理的に分解し、現代の「ビジネス」や「人間関係」に応用できる能力のことですね。

参考記事:抽象度を上げる方法とは?理解しないと一生損する思考法

スポンサードサーチ

 

ぼくのIQについて

勉強大嫌いで、遊んでばっかだったぼくだけど、

IQは比較的高めだ。

実際IQテスト得意だし。数学のクイズ問題とかの共通点みつけるの速いんだよね。もちろん、すぐにわからない問題もあるけど、いつも他の人とクイズ問題をやっても、だいたい他の人よりも早く答えが出せます。

推薦で有名大に行ったし、大企業の面接も通過した。オーストラリアやカナダでもすぐに現地の企業で採用された。割とコツをつかむのがはやいのだ。

 

それは上記の本であったように「過去の体験」と「知識」を目の前の問題にどう活かすかを一生懸命考えているからと分析する。

親のアタマは良かったのか

親は大学も出ていないし、商業高校だったから、ぼくは先天性はいいとは言えない。

母は専業主婦で、父はサラリーマンという超ミドルクラスな家庭だった。

スポンサードサーチ

 

ぼくは塾に沢山行ったのか?親の教育は?

ほとんど行っていない。無理やり行かされたときもマンガを読んでいるか、サボって近くのゲーセンで遊んでいた。

 

ところが、「IQ200になる習慣」にも書いてあったような頭のよくなることを沢山親が実践させてくれていた。

 

例えば、物が欲しかったときや、やりたいことを見つけたときに必ずぼくに説明させた。

 

母が専業主婦だったので、幼稚園に入って1人で友達と遊びに行くようになるまで、沢山話しにつきあってくれた。本当にありがたいことだ。

他人の家族を見て、教育の大事さを考える

ぼくは台湾で嫁の家族と住んでいる。

過去記事:台湾で21世紀のマスオさんになったこと

この田舎で子供への教育を見ていると、自分が家族から受けてきた教育ととんでもない開きがあって衝撃を受ける。

家庭によって、こんなにも常識は違うものなのか。

 

衝撃的だった。

 

とりあえず、ぼくの家庭の教育と大幅に違ったことを列挙すると・・・

・子供たちの寝る時間が夜の11時過ぎ
・学校から帰ってきてからは、ずっとテレビを見ている
・食事中、テレビを見ているだけで親子の会話がない
・親はスマホ見ながらご飯食べてる
・部屋の掃除をあんまりしない
・物を片付けない
・限りある資源を無駄遣いはしちゃいけないという発想がない
・親が子供に怒鳴る
・子供に何かと働かせる(畑作業)
・背筋がずっと丸くなっているが何も言わない
・鉛筆の持ち方や箸の持ち方、食べ方で注意しない
・ゲームは禁止
・友達の家に遊びに行かない
・宿題ばっかりやってる
・けど集中力がなくてずっとやってる
・よく物をなくしている
・行きたくないのに塾に行かせる
・スポーツ(運動)しない
・なんでも親が手伝う
・お菓子ばっかり食べてる
・炭水化物の偏りが半端ない

 

と、書いても書ききれないくらい文化が違うのだ。

 

自己肯定したいから、自分の過去を正当化しがちだけれども、それを加味しても

この育て方じゃ絶対賢い子育たなくね?

と、思うわけ。

いいことがあるとすれば、大家族ゆえに沢山の大人に囲まれて育つから、必然と色々なオトナの生き方を見るようになること。

(田舎だからその生き方のバリエーションも狭いけど)

スポンサードサーチ

 

結論

頭の良さは絶対、教育(後天性)が重要です。(キッパリ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA