台湾暮らし

自分を変化させるために

ぼくの場合、ある国に1年以上住んでいると思うことは・・・

「次、どこの国に住もうかな。」

と、いうことだ。

いい国ランキングとかを眺めていると特に強くそう思う。(日本は21位)

ぼくが新しい国(場所)に住むのが好きな理由は、全てを一回リセットできるということ。

1年同じ場所に住んでいると、変化がなくなる。やっていることも、友達も。

実際、新しい国に住むと、最初の1年間はfacebookの友達がどんどん増えるけど、1年経つと全く友達追加をすることがなくなってしまう。

東京に帰って1ヶ月いても、facebookの友達が増えることは、まずない。


同じ友達と、似たような場所に行って時間を過ごしてしまう。そこに新しい流れはない。

新しい国に行くと、すべてをリセットしてリフレッシュできる。1から自分に必要なもの・ことを取捨選択できる。


ぼくの場合、そうでもしないと、なにが本当に必要で、なにが必要ないか麻痺してしまう。

friends-3408314_1920
台湾の田舎に住み始めてから、新しく気付いた、いいことや変わりたいことが明白となった。

いいこと(これからも続けたいこと)
・田舎暮らしは騒音などがなく穏やかに過ごせる
・田舎暮らしはお金が貯まる
・筋トレやゴルフ、ピアノなどの趣味の時間を大事にしたい
・広い家はいい
・お手伝いさんは夫婦円満の秘訣

変化したいこと
・空気がいいところに住みたい
・もっと一緒にいて楽しいと思える人と家をシェアしたい
・美味しい水と食べ物があるところにがいい
 

恐らく1年以内(できれば半年以内)に新しい環境に引っ越ししたい。

引っ越し先でまた変化したいことが出てきたら、国を変えることも含めてまた考えていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA