未分類

台湾人の多動力

今日Youtubeをふらふらしていたら2つの動画が目に入ったので見た。

 

最近(昔から)いわれている、「好きなことをやって、生きていく」。

こんなことを書いているぼくも、実際全部が全部好きなことをやっているかと言うとそうではないです。

だけど、やりたくないことは最小限に抑えて、残りはやりたいことをやっている
無題

サウザーラジオのサウザーもサラリーマンのころから少しずつ働かない仕組みを作って
8年間かかって今のポジションを手に入れたと言ってましたね。

翻訳の仕事は毎日大体5時間くらいの実稼働だ。

これは周りのサラリーマンに比べたら圧倒的に時間的縛りは少ない。だって、実労働が5時間で通勤時間もなければ、準備することもない。

毎日6時に起きて、昼までやって、残りは自分のやりたい事を出来る限りやるようにしている。

。。。

話がそれてしまった・・・・。

今日何が言いたかったというと、自分の周りの人たち(台湾人)の多動力。

彼らの行動力は半端ない。もう、日本人とは根本的に考え方が違うくらい行動が早い。

リスクとかそういうの考える前に、動いている。借金もいとわない。

多分行動力で言ったらどう頑張っても日本人は敵わない。

実際、この世の中、中華系の行動力の速さに日本は圧倒されている。

周りの台湾人を見ているぼくがはっきりいう。

彼らの行動力は半端ない。(2回目)

例えば、義兄の友達が新しいカバンを売る商売があって儲かるんだよと話していた。
翌週にはトラックをリースで買ってきて、そのカバンの卸売りを始めていた。

たった1週間だよ。マジで衝撃的な早さだから。

だけど、そんな台湾人にも弱点がある。

それは、、、、

「熱しやすく、冷めやすいだ」

本当に、彼らは気持ちの浮き沈みが激しい。日本人から見たら情熱あり過ぎて多分びっくりする。

だけど、その反動で、うまくいかなかったりすると、立ち止まる時間がながい。

ここは日本人の得意とするところであって、問題が起こった時にどう解決していこうか考える力がある。

この世の中、どっちの能力も必要だと思うけど、台湾人の多動力は日本人も見習うべきだ。

(ぼくも見習いたい・・・・。)

それでは(*‘∀‘)