未分類

余白(余裕)を持つこと

波を見よう。
ikehayaradio

イケハヤさんがボイシーの中で言っていたこの言葉。

イケハヤ仮想通貨ラジオ 

その通りだ。

そして、波に乗るためには、余白(余裕)が必要。

僕はサラリーマンのとき、仕事ばっかりになり過ぎていた。

会社でのパフォーマンスをあげること、週末どうやって遊ぼうかしか考えてなく、考える余裕もなかった。

のんびりゆっくりとやっていれば見えることも、普段の忙しい生活だと見落としてしまう。

人生は楽しいかい?
ゲオルギー・システマスキー
夜間飛行
2016-06-20


上記の本では、時間の余裕を持つことの大切さ、時間があるからこそ、違う目線で物事が見える大切さを具体的な例にして教えている。他の自己啓発の本よりも、小説みたいな方式で説明してくれるので、読み手にすっと必要な事がはいってくる。おすすめです。

ゆったりした時間があれば、普段と違う本が読めて新しい知識が手に入るかもしれない。違う所へお出かけして新しい発見があるかもしれない。

これらは忙しい日々を送ってる人には絶対に気付きません。僕も気づかない一人でした。

だから、余白を持ちましょう。そして作れる会社で働く。
会社を早く退社するなどして、作る。じゃないと、すぐに時間は過ぎ去ってしまうよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA